人気の「セラピー豚」2頭、何者かに殴られ死ぬ 米ケンタッキー州

人気者の「セラピー豚」が殺される 米

(CNN) 米ケンタッキー州で病院や施設を訪れて患者と触れ合い、「セラピー豚」として親しまれていた2頭の豚が、何者かに殴り殺されているのが見つかった。

3頭のミニブタを飼育するサニー・ハウェルさんは、豚を連れて病院や介護施設を訪れ、患者や入所者を精神面で支える活動を続けていた。

ところが6日夜、夕食の残りを与えに行ったところ、3頭のうち2頭が死んでいた。ハウェルさんはCNN系列局WLKYの取材に対し、殴り殺されたのは間違いないと話している。1頭は目を強く殴られた痕があり、耳から血を流していた。もう1頭も顔面を強く殴られて血まみれだった。

「豚たちは決して抵抗しない」「もし抵抗すれば、セラピー活動に参加できなくなる。だから抵抗しなかったと信じている」。ハウェルさんはCNNにそう語った。

犯人は近所の住民だった可能性があるとハウェルさんは推測する。過去には豚のことで市役所に苦情が寄せられたことがあり、昨年は庭にいた2頭を盗まれる被害に遭った。この時は、弁護士を雇ったとフェイスブックに書き込んだところ、2頭は6時間後に戻ってきたという。

3頭目の豚の「ジプシー」は無事だった。しかし今も脅えていて、事件以降、様子が変わってしまったという。

「こんな残酷な死に方をしていいはずがない」「2頭とも優しくて、みんなに愛されていたのに」とハウェルさんは訴える。

いちばんつらいのは、豚に会いに来た子どもたちに事情を説明することだという。豚が1頭しかいなくなってしまったので、当面はセラピー活動を中止している。

ハウェルさんは警察に被害届を出し、賞金をかけて犯人捜しの手掛かりとなる情報提供を呼びかけている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]