人間の遺体の堆肥化法案、ワシントン州で成立 米で初

遺体の埋葬方法として火葬、土葬以外の第3の選択肢、堆肥化が加わった/shutterstock

遺体の埋葬方法として火葬、土葬以外の第3の選択肢、堆肥化が加わった/shutterstock

(CNN) 米ワシントン州のジェイ・インズリー知事は25日までに、同州議会が先月可決していた人間の遺体の堆肥(たいひ)化を認める法案に署名した。米国でこの種の州法が成立したのは初めて。

新法は来年5月に発効する予定。認可された施設に人間の遺体の堆肥化作業を認めることなどを盛り込んでいる。

同州では死去した住民らの埋葬は火葬もしくは土葬が普通。同法が成立したことで、州の住民らは埋葬の方法で、人間の遺体を土に早く変容させる第3の選択肢を得ることになる。

新法を起草した州議会のジェイミー・ペダーセン上院議員は、「環境により優しい人間の遺体の処理方法」と主張。万人に共通する経験に一定の技術の適用を認める時機が来たともし、「人間は自ら好む方法で自らの遺体を処理させる決定が下せる自由を持つべき」と強調した。

地元のCNN系列局KIROによると、人間の遺体の堆肥化の研究はワシントン州立大学でも実施され、6人が献体を申し出たという。

堆肥化の埋葬方法を手がける企業「Recompose」のカトリーナ・スペード最高経営責任者(CEO)はKIROの取材に、埋葬に必要な平均費用は8000ドル(約87万2000円)から2万5000ドルの間で、火葬は6000ドル超。堆肥化の埋葬方法は約5500ドルと想定している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]