小学生の投げた石でフラミンゴ骨折、安楽死処分に 米イリノイ州

動物園のフラミンゴが小学生の投げた石で負傷し、安楽死させられた/Federico Gambarini/DPA/AFP/Getty Images

動物園のフラミンゴが小学生の投げた石で負傷し、安楽死させられた/Federico Gambarini/DPA/AFP/Getty Images

(CNN) 米イリノイ州の動物園で飼育されていたフラミンゴが、小学生の投げた石に当たって脚の骨を折るけがを負い、動物園はこのフラミンゴを安楽死させた。

CNN系列局のWMBDによると、同州ブルーミントンにあるミラーパーク動物園は、20日にフラミンゴを安楽死させた。このフラミンゴは、小学生が展示場で投げた石に当たって脚を骨折していた。

フラミンゴの死を教訓としてもらえるよう、小学生の家族とは連絡を取っているという。

ブルーミントン市によると、同動物園のオオフラミンゴ展示場は2016年6月に開設された。

ミシガン大学によれば、オオフラミンゴはイランやトルコ、アフガニスタンなどの中東地域や、西アフリカ、南米、欧州に生息する。中東やアフリカでは狩猟の対象になることもあり、利益目的で卵の採集も行われる。

平均年齢は30歳程度で、飼育されている個体は60歳に達することもある。

ミラーパーク動物園には屋内展示場と屋外展示場があり、トナカイやスマトラトラなどの動物を展示している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]