歩けない2歳児に専用電動車いす、高校のロボット部がプレゼント 米

ファーミントン高校のロボット部が電動車いすの改造を行った/JC Loza/Farmington High School Robotics Team

ファーミントン高校のロボット部が電動車いすの改造を行った/JC Loza/Farmington High School Robotics Team

「教育では一般に(生徒たちに)将来使うツールを与え、それで何かするよう教えている」とエルベバクさん。今回は「学生たちが『自分たちには配線やコーディング、プログラミングのスキルがある。技術的な課題にアプローチできるんだ』と意識する最良の機会になった」という。

主な配線を手掛けたのはファーミントン高校の1年生、アレックス・トリークル君だ。

「プロジェクト参加を決めたのは誰かを助けたかったから。最後には本当に良い気分になった」とトリークル君。シリアン君に最初に乗ってもらった時には「喜んだ顔を見られて最高にうれしかった」

ロボット部の生徒たちは昨年12月に車をプレゼント。車は大成功だった。

両親は通常、シリアン君の体を抱えて移動するか、ベビーカーに乗せているが、今では自分で移動できる範囲が広がった。

父親のタイラー・ジャクソンさんは「息子は意識的に停車してみては、ドアノブや電気のスイッチなど何でも眺めています。前はじっくり見ている時間がありませんでした」と語る。母親のクリッシー・ジャクソンさんも「車が彼の発見や好奇心を後押ししてくれました。車を持つことで、自分で選択する力を持てました」と言い添えた。

将来学校に通うには電動車いすが必要だ。保険で電動車いすを購入する資格が得られるまで、この車が練習台になる――。両親はそう話している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]