ワニが水田で日光浴、河川増水で北上か 米南部アーカンソー州

体長約2.7メートルのワニが水田で日光浴しているのが発見された/Aaron Thomas/Jackson County Sheriff's Office

体長約2.7メートルのワニが水田で日光浴しているのが発見された/Aaron Thomas/Jackson County Sheriff's Office

(CNN) 米南部アーカンソー州北東部の水田に体長約2.7メートルのワニが出現した。豪雨による河川の増水で、通常の生息地から迷い出た可能性がある。

地元のCNN系列局によると、近くに住む一家が9日、水田で日光浴しているワニを見つけて通報した。

地元保安官は当初、通報の内容が信じられず、「いたずらだと思った」という。ワニがここまで北上することは、普通ならあり得ないからだ。

ワニは通常、ミシシッピ川下流域を中心に、アーカンソーより南のルイジアナ、アラバマ、フロリダ、テキサス州で見つかることが多い。今回の発見現場からミシシッピ川までは約145キロも離れていたが、支流のホワイト川が同じ郡を流れている。

保安官から連絡を受けた州当局は、河川の増水が原因との見方を示した。上流のミズーリ、アイオワ州はこれより前から豪雨に見舞われていた。

州当局のチームがワニの捕獲を試みたが取り逃がした。この途中で体長約1.2メートルのワニも見つかった。

CNNの気象専門家によると、ミシシッピ川は数週間前から水位が上昇し、来月にかけて増水が続く見通しだという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]