バイデン氏の「不適切な接触」、2人目の女性が告発

ジョー・バイデン前副大統領。バイデン氏から不適切な接触があったとする2人目の女性が名乗り出た/Frank Franklin II/AP

ジョー・バイデン前副大統領。バイデン氏から不適切な接触があったとする2人目の女性が名乗り出た/Frank Franklin II/AP

(CNN) 2020年米大統領選の民主党候補として出馬が確実視されているバイデン前副大統領から、かつて不適切な接触行為を受けたとする2人目の女性が名乗り出た。

コネティカット州選出議員のスタッフを務めていたエイミー・ラッポス氏が1日、地元紙に語った。

ラッポス氏は、2009年に同州グリニッジで開かれた資金集めのイベントで、当時副大統領だったバイデン氏に頭をつかまれたと話している。同氏はラッポス氏の首に手をまわして引き寄せ、鼻をこすり合わせてきたという。「引き寄せられた時は口にキスされるのかと思った」と、ラッポス氏は振り返る。

バイデン氏をめぐっては先週、14年のネバダ州副知事選の民主党候補だったルーシー・フロレス氏が、当時の選挙集会で髪にキスされたと告発して波紋を呼んでいた。本人は31日の声明で、不適切な行動をとった認識は全くないと反論した。

ラッポス氏はこの件へのバイデン氏の対応に失望して、自身も告発に踏み切ったと述べた。

ラッポス氏は同紙とのインタビューで、バイデン氏が本当に男女平等を掲げるなら、出馬をやめて女性候補の支持に回るべきだと主張。すでに出馬を表明しているほかの男性候補も撤回し、女性を大統領にするべきだと語った。

バイデン氏は今月中にも大統領選への出馬を正式に表明する見通し。同氏に近い関係者は、こうした告発が出馬の意向に影響を及ぼすことはないとしたうえで、まだ最終的な決断には至っていないと述べた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]