転倒装い保険金詐取、男を逮捕 監視映像が狂言暴く

当局が公開した監視カメラの映像/Middlesex County Prosecutor's Office/Facebook

当局が公開した監視カメラの映像/Middlesex County Prosecutor's Office/Facebook

(CNN) 米ニュージャージー州ミドルセックス郡の検察当局は3日までに、保険金詐取を狙い床上にばらまいた氷の小片で転倒したことを装っていた57歳の男を逮捕、訴追したと発表した。

司法当局は、容疑者の契約企業の食堂における狂言の行動の一部始終をとらえた監視カメラの映像を公開した。男は保険詐欺や詐欺行為を用いた窃盗の罪に問われている。

映像には、男は現場で周囲をうかがった後、床上に氷を散乱させ、あたかも転んだかのように横たわった後、発見されるまでその姿勢を続けた様子が収められていた。

この後、地元の病院に運ばれたが、救急医療サービスの要請と負傷の治療に要した費用を保険会社に請求していた。

容疑者は犯行の舞台となった企業の下請け契約の業者だった。

今回の事件は昨年9月1日から11月1日の間に発生。逮捕は今年1月だった。容疑者は先月31日、米テレビ局「CBS2ニューヨーク」の取材に応じ、容疑の犯行は否定し、間違いなどと主張していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]