女性格闘家が強盗を撃退、ボコボコにして警察に引き渡す ブラジル

強盗が襲った相手は格闘技の女性ファイターだった/Joe Scarnici/Getty Images North America/Getty Images

強盗が襲った相手は格闘技の女性ファイターだった/Joe Scarnici/Getty Images North America/Getty Images

(CNN) ブラジルのリオデジャネイロで若い女性から金品を奪おうとした男が、女性から殴る蹴るの反撃を受け、押さえ込まれて警察に引き渡される事件があった。男が狙った相手は、総合格闘技UFCの女性ファイターだった。

UFCファイターのポリアナ・ヴィアナさん(26)は5日、リオデジャネイロの自宅前でタクシーの到着を待っていた。そこへ1人の男が近付いて声をかけた。

「男は『電話をよこせ。騒ごうとするな。俺は銃を持っている』と言って、(銃に)手を伸ばした。でも私は、(銃にしては)柔らかすぎると気付いた」。ヴィアナさんは格闘技サイトのMMAジャンキーにそう語っている。

銃は偽物だと判断したヴィアナさんは、「パンチを2発、キックを1発見舞った。男が倒れると、後ろから首に腕を回して男を座らせた」。

ヴィアナさんはそのまま男を取り押さえ、駆け付けた警察に引き渡した。男が持っていた「銃」は、段ボールを切り抜いただけの偽物だった。

UFCのダナ・ホワイト代表は、ヴィアナさんが撮影したという男の写真をインスタグラムに掲載した/danawhite/instagram/Joe Scarnici/Getty Images
UFCのダナ・ホワイト代表は、ヴィアナさんが撮影したという男の写真をインスタグラムに掲載した/danawhite/instagram/Joe Scarnici/Getty Images

リオ警察はCNNの取材に対し、「強盗未遂の男が市民によって取り押さえられた」「男から偽の銃が押収された」と話している。

ヴィアナさんによると、男はけがの手当てを受けてから警察署に連行され、ヴィアナさんは警察で被害届を提出した。

UFCのダナ・ホワイト代表は、ヴィアナさんが撮影したという男の写真をインスタグラムに掲載した。男は顔面傷だらけで血を流した姿で写っている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]