女性を追いかけ空手道場に、誘拐未遂犯あえなく病院送り 米

誘拐未遂の容疑者と戦ったランダル・エフライム氏(写真中央)/Courtesy Bushiken Karate Charlotte Dojo

誘拐未遂の容疑者と戦ったランダル・エフライム氏(写真中央)/Courtesy Bushiken Karate Charlotte Dojo

(CNN) 米ノースカロライナ州シャーロットで、男に車に押し込まれ誘拐されそうになった女性が近くの空手道場に逃げ込む事件があった。道場の中まで追いかけた男は、空手の指導者と格闘の末、担架で運び出されている。

ブシケン・カラテ・シャーロット道場で「先生」として指導に当たるランダル・エフライム氏とCNN提携局WSOCによると、この事件は3日午後9時に発生。エフライム氏が道場の片付けをしていたところ、女性が駆け込んできた。

道場には当時、保護者の迎えを待つ子どもや、片付けに当たる大人の生徒が残っていた。女性に続けて大柄な男も入ってきたが、「彼の目的が分からず、稽古に関する問い合わせかと思った」という。

用件を尋ねると、男は女性に用があって来たと主張。一方、女性は男のことは知らない、自分を誘拐しようとしていると訴えた。

エフライム氏が立ち去るよう求めたところ、男はここを動かないと述べ、道場内にさらに侵入しようと攻撃的に体を押したり揺すったりしてきた。「そこで、自衛の措置を取って男を道場から放り出した。外で再び攻撃しようとしてきたので、適切に対処した」

WSOCは、男が逮捕前に警官にも暴行を加えようとしたと伝えている。男は負傷して病院に搬送されたが、現時点で容体についての情報はない。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]