トランプ氏、国連大使にナウアート国務省報道官を指名へ

米国務省のナウアート報道官が国連大使に指名される見通しとなった/MANDEL NGAN/AFP/Getty Images

米国務省のナウアート報道官が国連大使に指名される見通しとなった/MANDEL NGAN/AFP/Getty Images

ワシントン(CNN) トランプ米大統領がヘイリー国連大使の後任として、国務省のナウアート報道官を指名する見通しであることが分かった。政権当局者らが明らかにした。米外交の顔となる要職に比較的経験の浅い人物が就くことになる。

当局者2人によると、発表は7日に予想されている。指名についてはブルームバーグ通信が最初に報じていた。

現職のヘイリー大使は率直な物言いで知られ、他の政権当局者との衝突が報じられてきた。

一方、ナウアート氏は米FOXニュースの元司会者。17年に国務省入りして以来、急速に昇進を重ねてきた。指名承認公聴会では、同氏の適性をめぐり民主党議員から厳しい質問が出る可能性が高い。

トランプ氏はFOXニュースの熱心な視聴者で、情報筋によると、経験よりもホワイトハウスへの忠誠心や女性であること、テレビでの洗練された物腰を重視しているという。

ナウアート氏はティラーソン前国務長官の在任期間中には冷遇され、辞任を検討したこともあった。ただ、ホワイトハウスとの連携は緊密で、現職のポンペオ国務長官とも良好な関係を築いている。

ポンペオ氏の就任以降は外遊に同行することを認められ、一時的に国務次官代行(公共外交・広報担当)の立場にも就いた。

ナウアート氏の指名により、安全保障チーム内の力関係は変化するとみられる。ヘイリー氏は国連大使を閣僚級のポストとすることにこだわったが、ポンペオ氏は格下げする方針を側近に表明。ボルトン大統領補佐官(国家安全保障担当)も格下げを希望しているという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]