ヨガ教室銃撃 容疑者の身元判明、ネットで差別的発言繰り返す

発砲があった建物の外に立つ警官。容疑者がネット上で差別的発言を繰り返していたことがわかった/Mark Wallheiser/Getty Images

発砲があった建物の外に立つ警官。容疑者がネット上で差別的発言を繰り返していたことがわかった/Mark Wallheiser/Getty Images

フロリダ州タラハシー(CNN) 米フロリダ州タラハシーのヨガ教室で2日に起きた銃撃事件の容疑者の身元が判明した。米紙ニューヨーク・タイムズによると、容疑者は動画投稿サイト「ユーチューブ」で人種差別や女性べっ視の発言を繰り返していた。

警察によると、スコット・ポール・バイアリー容疑者(40)は2日夕の銃撃事件で2人を殺害、5人を負傷させた後、自殺した疑い。

死亡したのはフロリダ州立大学医学部教員の内科医(61)と女子学生(21)だったことが分かった。

同紙によれば、バイアリー容疑者とみられる男は2014年、ユーチューブに投稿した複数の動画の中で、女性を敵視する「インセル」を自称していた。インセルは「不本意な禁欲主義者」を意味し、自身の性的不満の原因は女性たちにあると考えて憎悪を募らせる男性たちを指す。

同容疑者は、14年にカリフォルニア州で銃乱射事件を起こしたインセル・サイトの常連、エリオット・ロジャー容疑者に共感を寄せていたという。

動画の男は自身が女性に拒絶された体験を振り返り、デートの約束をしたのに現れなかった女性の「頭をもぎ取ってやりたかった」などと発言している。

目撃者の話などによると、容疑者はクラス参加者を装ってヨガ教室に入り、突然銃撃を始めたという。この教室との関係は明らかでない。

警察によると、容疑者をめぐってはタラハシー周辺で過去に何度か、若い女性に対する性的いやがらせの通報があった。

タラハシー市長で知事選民主党候補のギラム氏は2日夜、負傷者らの見舞いに駆け付けた。3日の選挙集会では、負傷者らの1人から「この銃暴力を何とかしてほしい」と頼まれたことを明かし、銃規制を強く訴えた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]