下位カーストの13歳少女を斬首、男を逮捕 インド南部

(CNN) インド南部タミルナドゥ州の警察は3日までに、下位カースト出身の13歳少女が斬首される事件が起きたと明らかにした。容疑者の男はより高位の多数派カースト出身とされ、カーストに基づく暴力への懸念が高まっている。

事件は同州セーラムで先週に発生。警察に提出された告訴状によれば、少女が言い寄ってきた男を拒んだところ、男が暴力的な行動に及んだという。

警察は男を逮捕し、カーストに基づく暴力を禁じた法律で訴追した。この法律は1989年からインドで導入されている。

下層カーストは「ダリット」とも呼ばれ、インドの複雑なカースト制度の中で最も不遇を受けているグループの一つ。かつては「不可触民」として知られ、システム上の差別や弊害を通じて教育や就職の権利を奪われていた。

平等な競争環境をもたらそうとして多くの法律や判決が生まれたものの、再三にわたり根強い偏見に阻まれてきたとされる。

国家犯罪統計局によると、2016年には下層カーストの人々に対する犯罪が4万7000件以上あった。

ダリットの権利拡大に長年尽力してきた活動家は、なぜ指導層は対応しないのかと問いかけ、政治的な意思が欠けていると指摘。「暴力の背景には、カーストを基盤とする駆け引きが高いレベルで政治問題化していることがある。これにより、政治力の誤用が進んでいる」との見方を示した。

タミルナドゥ州の統計では、同法の適用対象となる女性への犯罪が過小報告されており、下層カーストの人々に対する犯罪全体のうち5~8%しか統計に載っていないとの指摘もある。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]