国防総省とトランプ氏あての郵便物から猛毒リシン検出

米国防総省とトランプ米大統領に郵送された封筒から、猛毒リシンが検出された/STAFF/AFP/Getty Images

米国防総省とトランプ米大統領に郵送された封筒から、猛毒リシンが検出された/STAFF/AFP/Getty Images

(CNN) 米国防総省とトランプ米大統領に郵送された封筒から、猛毒リシンが検出されたことが明らかになった。

米当局者らによると、不審な封筒は1日、国防総省に2通、トランプ氏あてに1通配達された。

国防総省に届いたうち1通のあて名はマティス国防相、もう1通はリチャードソン海軍作戦部長だった。

同省の報道官によると、封筒を受け取ったのは国防総省敷地内の別の建物にある郵便物検査施設。リシンが検出されたため封筒は隔離され、職員らに危険は及んでいないという。

米連邦捜査局(FBI)は声明で、2日に国防総省から不審な封筒2通を引き取り、詳しい検査を進めていると発表した。

また大統領の警護を担うシークレットサービスの報道官は、トランプ氏にあてられた1通もホワイトハウス内には入っていないと述べた。

捜査当局者はCNNに、この封筒からリシンが検出され、国防総省に届いた2通との関連が疑われていると語った。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]