F35B戦闘機が初の墜落事故、パイロットは脱出 米

F35には空軍仕様のA型、海兵隊のB型、海軍のC型がある

F35には空軍仕様のA型、海兵隊のB型、海軍のC型がある

米国防総省は墜落事故の前に、ロッキード・マーチン社が値下げに応じたことを受け、F35の次回調達に関する新契約を結んだと発表していた。

発表によれば、海兵隊仕様のF35Bは1機あたり1億1550万ドル(約130億円)、空軍仕様のF35Aは初めて9000万ドルを切る価格となる。

F35Bはヘリコプターのような垂直着陸が可能なシリーズ唯一の機種で、離陸に必要な距離も他の戦闘機に比べて大幅に少ない。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]