F35B戦闘機が初の墜落事故、パイロットは脱出 米

MC3 MATTHEW FREEMAN/U.S. Navy

MC3 MATTHEW FREEMAN/U.S. Navy

ワシントン(CNN) 米サウスカロライナ州ビューフォート郡で28日、米海兵隊の最新鋭ステルス戦闘機「F35B」が墜落した。米軍当局者がCNNに明らかにした。

現場は同郡にある海兵隊航空基地の近く。パイロットは無事脱出し、負傷がないか診察を受けているという。国防当局者はCNNの取材に、F35の墜落は初めてだと明かした。

海兵隊は同日、声明で墜落があったことを確認。民間人の負傷者は出ていないとしている。墜落したF35Bは同基地を拠点とする第501海兵隊戦闘攻撃訓練飛行隊に所属する機体で、原因は調査中だという。

F35Bは27日に初の空爆を実施していた。空爆はアフガニスタンで行われ、反政府武装勢力タリバーンが標的だった。

F35は史上最も高額な兵器と呼ばれ、開発の過程でたびたび遅れが生じた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]