95歳の元ナチス看守、米国からドイツへ強制送還

ナチスの強制収容所で看守を務め、米国に移住していた男性が国外退去処分に/US Department of Justice via AP

ナチスの強制収容所で看守を務め、米国に移住していた男性が国外退去処分に/US Department of Justice via AP

(CNN) 米ホワイトハウスは21日、第二次世界大戦中にナチスの強制収容所で看守を務め、終戦後に経歴を偽って米国へ移住していた95歳の男性を国外退去処分にしたと発表した。男性はドイツへ引き渡されるという。

男性は米ニューヨーク在住のジャキーブ・パリ―氏。出身地は当時ポーランド領だったが、現在はウクライナに属している。第二次世界大戦中の1943年、ドイツ占領下にあったポーランドのトラブニキ収容所に看守として勤務していた。

この収容所では同年11月、約6000人のユダヤ人が一度に射殺された記録がある。

パリー氏は49年に米国へ渡り、57年に米市民権を取得した。ホワイトハウスによると、移民当局への申請では第二次世界大戦中、農場や工場で働いたと偽っていた。

同氏は2001年、トラブニキ収容所の看守だったことを米司法省に認める一方、出身地の若者たちは当時、強制的にナチスのために働かされたとして無実を主張した。

03年に市民権をはく奪され、04年には連邦裁判所で国外退去を命じられた。しかし欧州側に受け入れる国がなく、そのままニューヨークで静かに人生を終えるかと思われていた。

セッションズ米司法長官は21日の声明で、68人目のナチス追放に成功したとして司法省の担当チームを称賛した。司法省の捜査、訴追対象になった米国内のナチス協力者は、パリー氏が最後の1人だった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]