ポーランド閣僚、「ポロコースト」博物館の建設を支持

ナチス占領下のポーランドに建てられたアウシュビッツ強制収容所の跡地

ナチス占領下のポーランドに建てられたアウシュビッツ強制収容所の跡地

(CNN) ポーランドのセリン副文化相は22日までに、第2次世界大戦中にナチス・ドイツによって殺害されたポーランド人の追悼施設、「ポロコースト」博物館の建設を求める声を支持すると明らかにした。

ポーランドでは先ごろ、ナチスによる犯罪にポーランドが加担していたと非難することを禁じる法律が可決され、物議を醸していた。今回のセリン氏の発言は、イスラエルやポーランドのユダヤ系国民との緊張を一段と高めかねない動きとなっている。

セリン氏によれば、ナチスにより殺害された非ユダヤ系ポーランド人は推定190万人。こうした人々のことは既存の博物館では十分に記録されてこなかったという。

セリン氏は同国のラジオ局に、第2次大戦中のポーランドの状況について、第一局面としてナチスと旧ソ連による国の破壊、第二局面として全面的な占領があったと言及。こうした状況におけるポーランド人の運命は「語り継がれるに値する。世界はこの恐ろしい喪失を目の当たりにするべきだ」と述べた。

また、当時のドイツ公式文書やヒトラーの著書から読み取れる内容として、ユダヤ人の後にスラブ系民族、特にポーランド人を虐殺する計画だったのは明らかだと主張した。

そのうえで、ポーランドにある第2次大戦関連の博物館では「このことを物語る機会を逸してきた」「現在の博物館はこの目的を満たしていない」としている。

セリン氏の発言は、「ポロコースト」博物館の建設を求める学者の提案を受けたもの。学者の提案はポーランドの日刊紙に掲載されていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]