ロシアとの結託、「罪と言い切れず」 トランプ氏の弁護士

トランプ氏(右)自身も「ロシアとの結託があったとしても犯罪ではない」などと発言/DON EMMERT/AFP/Getty Images

トランプ氏(右)自身も「ロシアとの結託があったとしても犯罪ではない」などと発言/DON EMMERT/AFP/Getty Images

トランプ陣営がこうした活動に従事した証拠は見つかっていないが、マラー氏の捜査は今も続いている。これまでに数人のロシア人と米国人5人、オランダ人1人、企業3社が起訴され、このうちオランダ人が虚偽の供述をした罪で実刑を言い渡された。

トランプ氏は29日のツイートで、マラー氏を改めて強く批判。同氏の「利益相反」や野党・民主党への偏向などを理由に、捜査を率いる資格がないと主張した。

ジュリアーニ氏もインタビューでマラー氏の「利益相反」について質問を受けたが、具体的な詳細は語らず、マラー氏自身が「男らしく」詳細を明かすべきだと述べた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]