ロシア人との会合「知らなかった」、トランプ氏が元弁護士の主張を否定

トランプ大統領(左)がコーエン氏の主張に反論

トランプ大統領(左)がコーエン氏の主張に反論

ワシントン(CNN) トランプ米大統領は27日、2016年にトランプタワーで行われたロシア人らとの会合について自身が事前に把握していたとする元個人弁護士マイケル・コーエン氏の主張を否定した。関係悪化が進むトランプ氏とコーエン氏の間で新たな不和が公になった形だ。

トランプ氏はツイッターで「息子の会合のことは知らなかった」と主張。続けて、「この件とは無関係なトラブルから抜け出すため、誰かが話をでっち上げているように思える」と述べた。

複数の情報筋は先に、コーエン氏の話として、トランプ氏が息子のドナルド・トランプ・ジュニア氏らの関わった16年6月の会合について事前に知らされていたと明かしていた。コーエン氏はロシアの米大統領介入疑惑を捜査するマラー特別検察官にこうした内容を証言する考えだという。

会合が実施された背景には、ロシア人出席者から民主党候補のヒラリー・クリントン氏に不利な情報が提供されるものとの期待があり、ロシア政府との共謀の有無や選挙介入をめぐるマラー氏の捜査で鍵を握る案件となってきた。

会合にはジュニア氏や娘婿のジャレッド・クシュナー氏、当時の選対本部長だったポール・マナフォート氏が参加。17年7月の報道で初めて明るみに出たが、トランプ氏らは説明を二転三転させてきた。

コーエン氏は刑事捜査の対象となっており、4月には連邦捜査局(FBI)の家宅捜索も受けた。弁護士にはビル・クリントン元大統領の特別顧問を務めたラニー・デイビス氏を雇っている。

トランプ氏はツイッターでデイビス氏にも言及し、「コーエンはクリントン夫妻の弁護士を雇うことまでした」「彼らが弁護士選びを手伝ったのではないか」と主張した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]