建設現場で黒人とみられる95人の遺体、奴隷解放後も強制労働か 米

研究者が描いた遺体のスケッチ/Fort Bend Independent School District

研究者が描いた遺体のスケッチ/Fort Bend Independent School District

こうして発見された遺体はそれぞれ木製の棺(ひつぎ)に収められていた。これまで分析が行われた遺体のうち、1体を除いて全てが男性のもの。年齢は14~70歳とみられ、恐らく1878年から1910年の間に埋葬されたものだという。

米国ではリンカーン大統領が1863年に奴隷解放宣言を出したが、それでも強制労働は続いた。

南北戦争が1865年に終結し、奴隷が違法化されたことを受け、テキサス州経済は深刻な不況に突入。企業は新たな安い労働力を必要としており、刑務所に目をつけた。受刑者のリースシステムは実質的に、奴隷制を全面的に受け継ぐ形となっていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]