キラウエア火山の割れ目噴火続く、住民さらに避難 ハワイ

レイラニ・エステーツを流れる溶岩

レイラニ・エステーツを流れる溶岩

(CNN) 米ハワイ島のキラウエア火山で噴火が続き、割れ目からの溶岩流が迫る地域からさらに多くの住民が避難している。

地元の災害対策当局は27日、火山東側に位置するレイラニ・エステーツの一部住民に対し、ただちに避難するよう指示を出した。

キラウエア火山の噴火が今月初めに始まってから、東側一帯の計24カ所に亀裂が発生している。米地質調査所(USGS)が27日に発表したところによると、このうち1カ所では、噴き出した溶岩が割れ目の両側にたまり、高さ30メートルを超える丘ができている。

レイラニ・エステーツでは28日、時速約4メートルで道路を横切る溶岩流が観測された。

USGSによると、二酸化硫黄などを含む火山性ガスも依然として盛んに放出されている。火口からの噴煙は28日早朝、4000メートル近い高さに達した。

風向きの変化により、火山性ガスや火山灰で影響を受ける地域はさらに拡大することが予想される。地元当局は住民らに避難や屋内への退避を呼び掛けている。

災害対策当局の責任者によると、同島ではこれまでに約890ヘクタールが溶岩に覆われ、建物82棟が破壊された。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]