休憩室で睡眠の黒人学生、白人学生に通報される 米大学

休憩室で寝ていた黒人学生に関連して警察に通報が行われる出来事があった

休憩室で寝ていた黒人学生に関連して警察に通報が行われる出来事があった

(CNN) 米イエール大学でこのほど、黒人大学院生が宿舎の休憩室で寝ていたところ、これを見つけた白人学生から警察に通報される出来事があった。黒人学生はこの時の動画をソーシャルメディアに投稿、特定の人種を標的にした対応だとして波紋を呼んでいる。

今回の出来事が起きたのは8日朝。通報の後、黒人学生は大学警察から尋問を受けた。学生は警察とのやり取りの様子などを収めた動画2本をフェイスブックに投稿。広く視聴され、数千件のコメントが寄せられた。

一方の動画では、警察に身分証の提示を求められた黒人学生がいら立ちをあらわに、「私にはここにいる権利がある。皆と同様に学費を納めている」「ここにいることを正当化する必要はない」と述べている。

黒人学生によれば、大学院の施設で論文に取り組んでいたところ、休憩室で寝てしまった。そこに別の女子学生が入ってきて明かりをつけ、「ここで寝てはいけない。警察に通報する」と伝えてきたという。

白人警官2人の到着後、階段で事情聴取が始まった。黒人学生は身分証の提示を求められ、幾分ちゅうちょした末、これに応じている。

最終的には、もう2人の警官が到着。生徒関連データベースで名前のスペルミスがあったことから若干混乱が生じた後、警察は黒人学生に帰ってよいと伝えた。

米国ではここ最近、黒人市民らの無害にみえる行動で警察に通報が行く事案が相次いでいる。直近では、黒人女性3人がカリフォルニア州の民泊施設を後にする際、強盗と勘違いした女性が通報し、身柄を拘束される出来事があった。

また先月には、フィラデルフィアのスターバックスで黒人2人が注文せずに店内にいたため、責任者が通報して逮捕につながる事案も起きていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]