ウーバーの自動運転車で死亡事故、歩行者はねる 米

ウーバーの自動運転車が死亡事故を起こした=Volvo

ウーバーの自動運転車が死亡事故を起こした=Volvo

ワシントン(CNNMoney) 米アリゾナ州で配車サービス大手ウーバー・テクノロジーズの自動運転車にはねられた歩行者が死亡し、同社は自動運転車の走行試験を全て停止した。

完全自動運転の車で死亡事故が起きたのは初めてとされる。

アリゾナ州テンピの警察によると、同市内で自転車を引きながら道を渡っていた49歳の女性が、ウーバーのスポーツ用多目的車(SUV)にはねられて死亡した。運転席には緊急事態に備えてドライバーが乗っていたが、車は自動運転モードで走行していた。

ウーバーはアリゾナのほかピッツバーグ、カナダのトロントなど数カ所で自動運転車の走行試験を実施していたが、全て停止すると発表。声明で遺族に弔意を表し、地元当局の捜査に全面的な協力を表明した。

国家運輸安全委員会(NTSB)も捜査に乗り出している。

自動運転車にとって、歩行者や自転車への対応は課題の一つとされる。

ウーバーは昨年、テンピで自動運転車が横転した時も、原因を調べる間は全ての走行試験を停止した。

アリゾナでは米グーグル系のウェイモやゼネラル・モーターズ(GM)、インテルも自動運転の実験を実施中。雨や雪の少ない気候が自動運転に適しているようだ。同州の知事は今月、自動運転車を無人で走らせる実験の解禁に踏み切ったばかりだった。

2016年には米テスラの電気自動車が自動運転機能の作動中に衝突事故を起こし、運転席の男性が死亡したが、この機能は完全な自動運転ではなかった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]