25年間凍結の受精卵から女児誕生、母と「同年代」 米

2017.12.20 Wed posted at 10:47 JST

[PR]

(CNN) 米テネシー州で、25年間凍結保存されていた受精卵を移植された女性が、無事女の子を出産した。これまで出産に成功した受精卵の凍結期間は20年が最長とされ、25年は世界最長記録だという。

エマ・ギブソンちゃんは11月25日に誕生した。体重約2.9キロ、身長約50センチで、健康状態も良好。母となったティナ・ギブソンさん(26)は、「神様からの大切なクリスマスの贈り物」と目を細める。

全米受精卵提供センターから提供された受精卵は、25年前の1992年10月14日に凍結され、今年3月13日に解凍された。母のティナさんはこの時25歳。「受精卵と私は親友になっていたかもしれない」と驚いた様子だったが、それでも「ただ子どもが欲しかった。世界記録だろうと何だろうと気にしない」と話す。

父親のベンジャミンさん(33)も、血のつながりはなくても心から自分の子どもだと思えると話し、「一目見た時から恋に落ちた」と喜びを語った。

体外受精用の受精卵は、匿名のカップルから全米受精卵提供センターに提供され、凍結保存されている。

メールマガジン

[PR]