共和党重鎮マケイン議員、脳腫瘍は「非常に重篤」と明かす

脳腫瘍は「非常に重篤」

ワシントン(CNN) 米共和党の重鎮、ジョン・マケイン上院議員は24日夜、悪性脳腫瘍(しゅよう)と診断されている自身の病状について「非常に重篤」だと述べた。米CBSテレビとのインタビューのなかで明らかにした。

医師から「予後は大変悪い」と告げられたという。

マケイン氏は「それでこう考えた。よし分かった。できることをしよう、最高の医者を見つけて最善を尽くそうと。いい人生だったことを感謝しながら」と語った。

同氏は脳腫瘍の診断を受けて療養中だった7月、共和党が提出した医療保険制度改革(オバマケア)改廃法案の審議入りをめぐる採決の日に議場へ復帰し、法案に反対票を投じた。

復帰の日に拍手で迎えられた場面を振り返り、「胸がいっぱいになった」と話した。

法案否決の決め手となった反対票について、トランプ大統領がマケイン氏を「戦争の英雄ではない」と批判したことに対する「仕返し」だったのか、と問われると、「私に何か言ったり、けなしたりした一人ひとりに腹を立てていたら、人生は短すぎる」「このような国家の一大事で個人的な人間関係を気にするようでは、職務を果たしているといえない」と答えた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]