トランプ氏、アリゾナ州で支持者に熱弁 「壁」建設を確約

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シャーロッツビルの対応について弁護も

フェニックス(CNN) トランプ米大統領は22日、アリゾナ州フェニックスで大規模な集会を開き、支持者らの前で演説した。メキシコ国境の「壁」建設など、大統領選での公約を実行する構えを改めて示して拍手を浴びた。

トランプ氏の演説は1時間17分に及んだ。

同氏は数千人の支持者らを前に、バージニア州シャーロッツビルで白人至上主義者らと反対派が衝突した事件の後、自身が演説した3回分の原稿を取り出した。これまでの発言をたどり、対応に非はなかったと主張した。ただし、事件直後の声明で「多方面」に責任があると述べて非難を浴びたことには触れなかった。

シャーロッツビルの衝突の発端となったのは、南北戦争で奴隷制度を擁護した南軍の指導者像を撤去する計画に対し、白人至上主義者らが開いた抗議集会だった。トランプ氏は演説で、南軍の像が撤去される動きを「意気地のない人々」が容認していると主張。「かれらは我々の文化を、我々の歴史を奪おうとしている」と、撤去推進派を非難した。

トランプ氏はこのほかにも、共和党主流派の意向やホワイトハウスの懸念をよそに、支持者らに同調しようとするような発言を繰り返した。

メキシコ国境の壁については、予算獲得のために米政府機関が閉鎖されることになっても「建設する」と明言した。

カナダ、メキシコとの北米自由貿易協定(NAFTA)にも言及し、「どこかの時点で終わらせることになるだろう」と述べた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]