トランプ氏、アフガン新戦略で演説 「米国の結束」も訴え

2017.08.22 Tue posted at 16:16 JST

[PR]

ワシントン(CNN) トランプ米大統領は21日夜のテレビ演説で、アフガニスタンでの新たな戦略を発表した。演説の冒頭では米国民の結束が重要だと強調した。

トランプ氏の演説は、バージニア州シャーロッツビルで起きた白人至上主義者らと反対派の衝突をめぐり、同氏の対応に批判が集中するなかで行われた。

演説の冒頭では「地域社会の一員が受ける傷は我々全員の傷」「米国の一部が感じる痛みは全員の痛みだ」と語り、国内情勢の修復を図る姿勢を印象付けた。

「米国を愛するには全ての国民を愛する必要がある。我々が愛国の情に心を開く時、そこに偏見が入り込む余地はない」「我々自身が互いに平和な関係になければ、世界に平和をもたらす国であり続けることはできない」と述べ、国民の結束を訴えた。

そのうえで、アフガン戦略の主な目標として過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」を殲滅(せんめつ)し、反政府勢力タリバーンによる政権奪回を阻止することを挙げた。これらの目標を達成するため、米軍がアフガンでテロ容疑者やテロ組織を攻撃できる権限を拡大すると表明した。

トランプ氏は一方で、アフガンを無制限に支援するわけではないと強調し、アフガン側も努力を続けるよう促した。

同氏はまた、米軍はアフガンからの撤退を急ぐべきではないとの立場を示した。イラクでは米軍撤退後の空白がISISの勢力拡大につながった経緯を踏まえ、「イラクでの過ちをアフガンで繰り返すわけにはいかない」と語った。

メールマガジン

[PR]