トランプ政権を「楽観視」、43%に減少 米世論調査

2017.08.07 Mon posted at 09:40 JST

[PR]

トランプ大統領は、経済に関しては肯定的な評価を継続して受けている。トランプ氏の就任以降約100万人の雇用が生まれたほか、失業率についても過去最低の水準にある。一方で、トランプ大統領は、医療保険制度改革法(オバマケア)の廃止もしくは置き換えといった取り組みを進めているものの、重要法案の成立といった業績は残せていない。

調査会社ギャラップによる調査でも、大学を出ていない白人からの支持が減少している。この層からの支持は就任式のあった1月には62%あったが、5月に56%、6月に54%、7月に53%と減少基調にある。

キニピアック大の調査は7月27日から8月1日まで全米の登録有権者1125人を対象に実施。誤差の範囲はプラスマイナス3.4パーセントポイント。

メールマガジン

[PR]