心の健康で病欠した女性社員、経営者の対応に称賛の声相次ぐ

2017.07.13 Thu posted at 12:29 JST

[PR]

(CNN) 米ミシガン州のソフトウェアメーカーに勤務する開発者の女性が心の健康のために欠勤すると伝えた電子メールに対し、この会社の経営者が送った返信が大きな反響を呼んでいる。

「ものすごく心を打たれ、涙があふれた」「自分の弱さを称賛されたことは予想外だった」。この女性、マダリン・パーカーさん(26)はCNNの取材にそう振り返った。

パーカーさんはミシガン州のソフトウェアメーカー、オラーク(従業員約40人)に勤務する開発者。慢性的な不安やうつ、心的外傷後ストレス障害(PTSD)の症状に苦しみ、健康維持に専念しなければならないことが時折あるという。

数週間前、同僚に送ったメールにパーカーさんはこう記した。

「今日と明日は休んで心の健康に専念します。来週にはリフレッシュした状態で復帰して、100%に戻ります」

翌日、受信箱を開くと多数の返信が届いていた。しかし中でも目を引いたのは、ベン・コングレトン最高経営責任者(CEO)からの返信だった。

「このようなメールを送ってくれたことを個人的に感謝します。あなたがそう伝えてくれるおかげで、私は心の健康のために病欠を使う大切さを思い起こすことができる。こうしたことが全ての組織で標準的な慣行になっているとは言えません。あなたは私たち全員にとっての模範であり、偏見を切り抜けて、私たち全員がありのままの自分を職場に持ち込む助けになってくれています」

パーカーさんは、コングレトンCEOの姿勢を見習ってほしいという思いから、このやり取りをインターネットで公開した。以来、パーカーさんのもとには、同CEOを称賛するコメントが殺到している。

メールマガジン

[PR]