インスタやスナチャなどSNS、若者の心の健康に悪影響も 英調査

2017.05.22 Mon posted at 11:26 JST

[PR]

(CNN) 「インスタグラム」や「スナップチャット」などのソーシャルネットワーキング(SNS)アプリは、若者の心の健康に悪影響を及ぼしている――。英王立公衆衛生協会がこのほど、そんな調査結果を発表した。

同協会は14~24歳の約1500人を対象に実施したアンケートで、不安感やうつ、自意識、身体イメージといった心の健康問題に与えるSNSの影響を調べた。

その結果、肯定的な影響を及ぼすと評価されたSNSはユーチューブのみ。それ以外はインスタグラムを筆頭に、スナップチャット、フェイスブック、ツイッターの順で、若者の心の健康に対する否定的な影響が大きいという結果が出た。

世界で7億人以上が利用する写真共有アプリのインスタグラムは、特に若い女性に対する有害性が強いという。

研究者によると。インスタグラムでは「非現実的な、大幅に監修されてふるいにかけられ加工された現実のバージョン」が出回っていて、若い女性はそうした非現実的な写真と自分自身とを比べてしまう傾向がある。

「女性たちは、まるで自分の身体が良くないかのように思い込み、『完璧』に見せるためにフィルターを追加したり自分の写真を編集したりする」。報告書ではそんな女性の声も紹介した。

インスタグラムは身体イメージや睡眠パターンに否定的な影響を及ぼし、取り残されることへの恐怖感もあおると報告書は指摘。一方で、若者にとっての自己表現や自意識確立のための肯定的な手段にもなると解説している。

メールマガジン

[PR]