イバンカ氏、日本企業と交渉打ち切り 「政府との関係」理由に

イバンカ氏の会社が日本企業との契約交渉を打ち切り

イバンカ氏の会社が日本企業との契約交渉を打ち切り

ニューヨーク(CNNMoney) トランプ米大統領の娘イバンカ・トランプ氏の会社が日本のアパレル会社サンエー・インターナショナルとの間で進めていた契約交渉を打ち切ったことが、12日に公開された書簡で明らかになった。

サンエーとの交渉を巡っては、トランプ大統領が就任する前の昨年12月、トランプ氏と安倍晋三首相との会談にイバンカ氏が同席していたことから、ビジネスと政治を混同しているとして批判が高まっていた。

両社の交渉は2年前から行われていたが、イバンカ・トランプ会社のアビゲイル・クレム社長は書簡の中で、「サンエーの親会社に日本政府とつながりがあることが分かり」、1月に身を引いたと説明している。

書簡は5月17日付で、米下院司法委員会の民主党議員が、利益相反の懸念について同社とやり取りした内容を公表した。

イバンカ氏は今年3月に大統領顧問に就任し、ファッション事業の経営からは退いたが、持ち株は手放していない。

民主党はさらに、「イバンカ・トランプ氏が私的な利益のためにホワイトハウスでの公職の地位を利用したことがあり、今も利用し続けているかもしれないという懸念は残る」と指摘している。

イバンカ氏が大統領顧問に就任する前日の3月28日、同社が中国で14件の商標登録を申請していたことも問題視。この申請は、イバンカ氏が中国の習近平(シーチンピン)国家主席との夕食会に出席した4月6日、暫定的に承認されていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]