米、入国者にSNSなどの情報開示を要求か 拒めば入国禁止も

ワシントン(CNN) 米国のトランプ大統領が出した一部イスラム教国の市民の入国を禁止する大統領令を巡って混乱が広がる中、米政府高官が、米国外からの入国者に対して利用しているすべてのソーシャルメディア(SNS)やウェブサイト、および携帯電話に登録されている連絡先の開示を求める措置を導入する可能性について検討していることが30日までに分かった。情報筋がCNNに明らかにした。こうした情報の開示を拒んだ場合は入国が認められない可能性もある。

この案については、政策担当大統領補佐官のスティーブン・ミラー氏が28日に明らかにした。複数の関係者はCNNに対し、まだ検討が始まったばかりの段階で、実行に移すかどうかは協議中だと話している。

ミラー氏は米国務省や国境警備局、国土安全保障省などの高官との協議の中で、大統領は今回の大統領令に尽力しており、一般国民にも支持されていると強調。大統領令を巡る全米の混乱について伝えるテレビ報道は「ヒステリックな声」と片付け、報道に惑わされてはいけないと訴えた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]