治安悪化の米シカゴ、今年の殺人700件超 過去20年で初

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
米シカゴでの今年の殺人事件件数が700件を突破

米シカゴでの今年の殺人事件件数が700件を突破

(CNN) 米シカゴ市の警察は4日までに、市内で今年これまで発生した殺人事件が701件を記録したと発表した。地元紙シカゴ・トリビューンによると、700件台に到達したのは過去約20年間で初めて。

今年の発生頻度を考えた場合、1998年の704件を最終的に上回る流れにある。同市警の報道担当責任者によると、今年の発生件数の90%以上に銃器が絡んでいる。

発砲の発生はこれまで3315件。警察が押収した銃器類は8000丁で前年比で20%増。銃に絡む逮捕件数は8%増を示した。

同市警のエディー・ジョンソン本部長によると、今年これまで起きた殺人事件の大半は市の南部や西部に位置する5カ所の警察管轄区内で報告されている。

市警によると、2000年代初期における殺人事件の発生率は横ばいの状態で推移してきた。しかし、2014年になって上昇傾向に転じ、その基調が今なお続いている。治安悪化の背景には警察への不信、街頭犯罪の増加や貧困層の経済的な苦境があると受け止められている。

シカゴで今年11月中に発生した殺人は77件、発砲は316件、発砲に巻き込まれた被害者は389人だった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]