事件の証拠の「豊胸インプラント」、実はクラゲ 豪

2016.12.03 Sat posted at 14:43 JST

[PR]

(CNN) オーストラリア北東部クインズランド州の海岸地帯の警察は3日までに、男性が殺人事件や溺死(できし)の証拠かもしれないとして届け出た豊胸インプラントとみられる物体が、実はクラゲの死骸だったと発表した。

同州サンシャインコーストのマルーチドール警察の声明によれば、男性は先週、「袋状の標識のついた物体」を警察署に持参。豊胸インプラントの可能性があり、殺人事件や溺死の証拠かもしれないとの推測を示していた。警察は「全力を挙げて」対応したという。

その後、謎の物体が単なる死んだクラゲであったことが確認された。警察は声明で、「そうではないかと疑っていたものが捜査で明らかになった!」と述べた。

始まる前に終わった犯罪ドラマの一つと言えるかもしれない。

メールマガジン

[PR]