クリントン氏とトランプ氏、握手なしで討論スタート

クリントン氏とトランプ氏、握手なしで対話集会スタート

(CNN) 米大統領選の民主党候補ヒラリー・クリントン氏と共和党候補ドナルド・トランプ氏による第2回テレビ討論会が米東部時間の9日午後9時(日本時間10日午前10時)、ミズーリ州セントルイスで始まった。

トランプ氏の過去のわいせつ発言で共和党内部に混乱が広がるなか、両氏は冒頭の握手なしで討論に入った。

今回は両氏が聴衆からの質問に答える「タウンホール(対話集会)形式」の討論会となる。

トランプ氏は問題の発言について、舞台裏の「ロッカールーム・トーク」だったと繰り返し、ヒラリー氏の夫、ビル・クリントン元大統領の女性スキャンダルは「はるかに悪かった」と主張した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]