ニューヨーク都市圏の駅に列車突っ込む 1人死亡、75人負傷

ニューヨーク都市圏の駅に列車突っ込む

ニューヨーク(CNN) 米ニューヨーク都市圏にあるニュージャージー州ホーボーケンの主要駅で29日午前8時45分ごろ、列車が駅に突っ込み、地元当局によると、少なくとも1人が死亡、75人が負傷した。

事故が起きたのはニューヨーク都市圏の最も混雑するターミナル駅の一つで、ニュージャージー・トランジットの列車が朝の通勤時間帯に突っ込んだ。負傷者には重傷者も含まれているという。

インターネット上のソーシャルメディアには、駅ターミナルの屋根の一部が崩落している様子など、構造的に大きく損壊した駅の状態を伝える画像が投稿された。

事故当時駅にいた鉄道会社社員は、先頭車両が駅に高速で進入しながら車止めを乗り越え、待合室そばの壁まで進み停止したと語った。先頭車両の半分はつぶれ、屋根が座席に落ちた状態だったという。

国家運輸安全委員会(NTSB)が衝突原因の調査を開始した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]