警官が黒人男性を射殺、200人が抗議 米加州

(CNN) 米カリフォルニア州南部エルカホンの路上で27日、挙動不審として通報された30代の黒人男性が警官に銃で撃たれて死亡した。

エルカホン警察の責任者が記者会見で語ったところによると、地元飲食店の裏でふらふらしている男性がいるとの緊急通報を受け、警官2人が出動した。

男性は警官らの指示に従わず、両手をポケットに入れたまま歩き回った。1人の警官がスタンガンの準備を始めると、男性は何かを素早く取り出し、銃のように両手で持って構える姿勢を取った。

これに対して警官がスタンガンを撃つと同時に、もう1人の警官が発砲した。男性が武装していたのかどうかは明らかでないという。警察責任者によれば、現場から銃は発見されなかった。

男性は近くの病院へ運ばれた。名前は公表されていない。

警官2人には3日間の休職が言い渡された。2人とも20年以上の職務経験があるという。

警察責任者は、現場で撮影された映像は地元の規則に従い、検察が証拠を調べ終わるまで公表しないとの方針を説明。市民らに平静と協力姿勢を呼び掛けた。

エルカホンはサンディエゴから約25キロの郊外に位置する街。CNN系列局によると、現場付近には約200人が集まり、会見後は一時、警察本部の入り口を抗議集団が取り囲んだ。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]