米シークレットサービス、トランプ氏発言巡り陣営から事情聴取

ドナルド・トランプ氏

ドナルド・トランプ氏

(CNN) 共和党の大統領候補ドナルド・トランプ氏が銃を持つ権利を保障した憲法修正第2条に触れて民主党候補のヒラリー・クリントン氏に対する暴力を示唆したともとれる発言をした問題で、要人警護を担当するシークレットサービスの関係者がCNNに対し、トランプ陣営から事情を聴いたことを明らかにした。

シークレットサービス当局者はCNNの取材に対し、この発言についてトランプ陣営と「複数回にわたって話をした」としている。陣営側は、トランプ氏に暴力を促す意図はなかったと返答したという。

一方、トランプ氏はツイッターで「(シークレットサービスとは)会ったことも話をしたこともない」と述べ、CNNの報道を否定した。

トランプ氏の問題発言は9日の集会で飛び出した。クリントン氏が最高裁判事を指名すれば銃所持の権利が弱められかねないと主張し、憲法修正第2条の擁護派ならそうした事態を阻止できるかもしれないと訴えていた。

シークレットサービスのキャシー・ミルホーン報道官は、トランプ陣営とシークレットサービスとの接触については確認を避けているが、9日の声明で「トランプ氏の発言については認識している」とコメントした。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]