米加州でバス衝突事故、車体あわや真っ二つ 17人死傷

激突時の衝撃で、交通標識塔の支柱が車体の中央部までめり込んだ=KTXL

激突時の衝撃で、交通標識塔の支柱が車体の中央部までめり込んだ=KTXL

(CNN) 米カリフォルニア州の高速警察隊は4日までに、州内の高速道路99号線で乗客約30人が乗っていたバスが路肩の交通標識塔に激突し、4人が死亡する事故が起きたと発表した。

地元のCNN系列局KCRAによると、少なくとも6人が病院に空路で運ばれ、救急車が負傷者7人を搬送した。犠牲者数は当初、5人とされたがその後修正された。

激突の衝撃はすさまじく、バスの車体が半分に裂かれそうな惨状になったという。衝突原因は不明で調査している。事故の影響で99号線は数時間にわたって閉鎖された。

CNNの取材に応じた高速警察隊の報道担当者によると、事故は現地時間の2日午前3時半ごろ、同州アトウオーター近くの99号線上で発生。バスは出口を示す標識塔に衝突前、車体を回転させるような動きを示したという。

乗客の1人の12歳少女はKCRAに、衝突後、車内に叫び声が上がったと証言。「私は車内で身動き出来なかったが、他の人に助け出された」と振り返った。

地元の別のCNN系列局KFSNによると、バスは99号線を使いメキシコから米ワシントン州へ北進していたという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]