ナッツの盗難が急増、過去半年で30件 米カリフォルニア州

2016.08.01 Mon posted at 16:42 JST

[PR]

(CNN) 米カリフォルニア州でアーモンドやピスタチオなどのナッツ類が巧妙な手口を使う犯罪集団に盗まれる事件が多発し、業界が打撃を被っている。地元捜査当局は州などと連携して対策に本腰を入れ始めた。

カリフォルニア州は米国最大のナッツ生産州で、2014年は93億ドル(現在のレートで約9500億円)を同州にもたらした。しかし農業生産者団体によると、ナッツを計画的に盗む窃盗事件は過去半年だけで30件に上る。

犯罪集団は業界の弱点を突く詐欺の手口で計画的にナッツの積み荷窃盗を繰り返す。正規のトラック会社を装う手口では、連絡先情報を書き換えてインターネットで配送を請け負い、積み荷を受け取るとそのまま姿を消す。配送業者が数日たってから連絡を取ろうとすると電話がつながらず、だまされたことに気付く。

正規のトラック会社より前に現れて偽造書類で配送業者をだまし、積み荷を受け取るなどの手口も横行している。

ナッツ窃盗事件は2012年ごろから浮上して15年に入って急増。昨年1年間の被害額は460万ドルに上る。事件の件数は2009年の1件から、15年には32件へと急増した。

同様のナッツ窃盗事件はジョージア州やアリゾナ州でも起きているという。

メールマガジン

[PR]