ジカ熱ワクチン、米国で臨床試験開始 来年初めにも実用化か 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ワクチンは早ければ2017年初めにも実用化される可能性がある

ワクチンは早ければ2017年初めにも実用化される可能性がある

効果が認められるようならば、臨床試験は次の段階へと進む予定だが、第2相の試験を行う十分な予算がないのが実情。そこでフォーチ所長は、オバマ政権がジカ熱対策費として追加予算の承認を求めていることに対し、連邦議会はきちんと対応すべきだと訴えた。

第2相試験が計画通りに進み、米食品医薬品局(FDA)の承認を受けることができれば、ワクチンは早ければ2017年初めにも実用化される可能性があるという。

一方マイアミでは、イノビオ・ファーマシューティカルズ社が作成したNIAIDとは異なるジカ熱のDNAワクチンの臨床試験がこのほど始まっている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]