パーティーで発砲、3人射殺の容疑者を逮捕 米ワシントン州

(CNN) 米西部ワシントン州の小都市ムキルテオの警察は30日、市内の民家内で催されていた若者のパーティーで同日未明、発砲事件が発生し、3人が射殺されたと発表した。1人が負傷した。

同市当局はツイッターで、警察が犯行後に逃走していた男の容疑者を2時間後にルイス郡内で逮捕したと明らかにした。パーティーには15~20人が集まっていたという。

地元のCNN系列局KOMOは、孫娘が犯行現場にいたという女性の証言を引用し、午前0時20分ごろに孫娘から隠れていることを知らせる電話を受けたと報道。銃撃があり、孫娘と友人2人も撃たれたと連絡してきたという。

同州スノホミッシュ郡内にあるムキルテオの人口は2万人余でピュージェット湾の湾岸に位置する。シアトルからは北へ約48キロ離れている。

米国内では銃の発砲事件が依然相次いでいるが、フロリダ州フォートマイヤーズのクラブでは25日未明、銃撃事件が発生。14歳と18歳の2人が死亡し、12~27歳の少なくとも16人が負傷していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]