警官が男性に発砲、「仰向けで両手挙げていた」 米フロリダ州

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
両手を上げ、危害を加えないよう警官に訴えるキンジーさん=Attorney Hilton Napoleon

両手を上げ、危害を加えないよう警官に訴えるキンジーさん=Attorney Hilton Napoleon

(CNN) 米フロリダ州で自閉症の男性をなだめようとしていたグループホームの療法士が、地面に仰向けになって両腕を挙げていたにもかかわらず警官に撃たれたと訴え、現場を撮影した映像を公開した。ノースマイアミ警察は21日、警官1人を休職処分とし、捜査していることを明らかにした。

公開された映像では、道路上で仰向けになって両腕を挙げた男性が、隣に座る男性について「彼が持っているのはおもちゃのトラックだけ」「私はグループホームの行動療法士です」と叫んでいる。

事件が起きたのは18日。療法士のチャールズ・キンジーさんは、グループホームを抜け出した23歳の男性患者に付き添い、駆けつけた警官に向かって、患者に危害を加えないでほしいと訴えていたという。

キンジーさんはCNN系列局WSVN-TVの取材に対し、「両手を挙げている限りは撃たれないと思っていた」「でもそれは間違いだった」と語った。

ノースマイアミ警察によると、18日午後5時過ぎ、銃を持った男性が自殺しようとしていると通報があり、複数の警官が現場に駆け付けた。警官は現場にいた男性2人の説得を試みた後に発砲したと説明している。現場から銃は回収されなかった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]