米統合軍司令官に初の女性起用へ

米軍の女性兵士

米軍の女性兵士

ワシントン(CNN) アシュトン・カーター米国防長官は18日、オバマ大統領が米軍で初となる女性の統合軍司令官を任命する意向だと明らかにした。

カーター長官は政治ニュースサイト「ポリティコ」主催の会合で、米北方軍の司令官にロリ・ロビンソン空軍大将を推薦すると発表。ロビンソン氏について「作戦面での深い経験」と「マネジメントでの優れた経験」を挙げ、こうした人材が「たまたま女性初の統合軍司令官になるということだ」と述べた。

ロビンソン氏は現在、米太平洋空軍の司令官を務めているが、統合軍司令官に起用されるとのうわさは以前から取り沙汰されてきた。

北方軍は米国やアラスカ、カナダ、メキシコでの軍事作戦を管轄する。米軍では6つの地域別統合軍が世界中で軍事作戦を統括しているほか、特殊部隊や宇宙での作戦、輸送作戦の統括を担う機能別の統合軍もある。

統合軍司令官には陸海空軍の大将が着任する。女性で初めて大将となったのは2008年に昇進したアン・ダンウッディ陸軍大将。

カーター長官はロビンソン氏の司令官としての経験を称賛。統合軍司令官の職に適任だとしたほか、「米軍には非常にたくましい多くの女性将校がおり、ロリもその1人だ」と述べた。

ロビンソン氏は1982年に米空軍に入隊。空中戦の指揮・管制を担う戦闘管制官を務めた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]