トランプ氏、「水責め」などの拷問を改めて支持

2016.03.08 Tue posted at 20:04 JST

[PR]

(CNN) 米大統領選で共和党の候補者指名を目指す実業家、ドナルド・トランプ氏は6日放送のテレビインタビューで、テロ容疑者らに対する「水責め」などの拷問を支持すると改めて表明した。

トランプ氏は当初、米軍によるテロ容疑者の尋問手法をめぐり、現在禁止されている水責めなどの拷問を復活させると公約していた。

同氏は4日、いったん「軍に法律違反を命じるつもりはない」と述べて立場を翻した様子だったが、5日の集会や記者会見では拷問が認められるよう法を「拡大」すると繰り返し表明。さらに同日収録され、6日午前に放送されたCBSテレビの番組で、過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」の残虐行為に対してより強く対抗できるよう「法を強化する」と言明した。

番組ではまた、「相手と同じやり方でプレーする必要がある。弱腰では勝てない。彼らにはルールなどない」と強調した。

米国が容疑者らを拷問すれば、敵に拘束されている米国人人質が手荒い扱いを受けるという議論もあるが、これに対しては「相手はいずれにしても人質を手荒く扱っている」「ISISに対し、そちらのメンバーを手厚く扱うからこちらの人質も厚遇してくれと頼んだ人はいるか。彼らはそんな話に応じない。ルールを持たない敵との戦いに勝つのは非常に難しいことだ」と反論した。

そのうえで、米国が水責めを禁止しているのは弱腰のしるしだとも主張。「ISISに勝てないのは我々の弱さと無力さ、こういう考え方のせいだ」と力説した。

メールマガジン

[PR]