保安官の新型短銃に暴発多発、一般への被害懸念 米加州

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

保安官補佐は16日の会見で、保安官事務所は同短銃の暴発が多い傾向は監察官の報告書前に認識していたと主張。問題点に対処するための独自の対策は講じてきたとも説明した。今年に入り暴発は減っており、対策の効果と考えられるとも述べた。

M&P9ミリ型の新たな採用は、扱いがより容易で、正確な射撃が出来る利点などが決め手となった。同保安官事務所で長年の標準装備品だったベレッタ9ミリ型と比べ、握り部分が小さく、より少ない力で引き金が引ける性能にもなっている。

新型短銃の配給は2013年から始まり、警察学校の卒業生全てなどが対象となった。勤続年数が長い保安官には8時間の訓練コースを終了すれば携行を認めていた。これまで配った新型短銃は約6100丁となっている。

監察官の報告書によると、暴発は同短銃の利用が広範になったとほぼ同時に急激な増加を示した。職務遂行時での偶発的な発砲も起きたという。銃暴発は12年には3件だったが、14年には500%以上増の19件を記録。この中の16件は短銃携行の保安官が絡み、うち15件はM&P9ミリ型が関係していた。

同保安官事務所の保安官の間で起きた今年の暴発件数はこれまで18件で、このうち14件に同型短銃が絡んでいた。激増した14年の数字と比べれば減っているが、M&P9ミリ型が導入される前の12年に比べれば61%増の水準となっている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]