米海軍新鋭のステルス駆逐艦、漁師を救助

2015.12.17 Thu posted at 16:10 JST

[PR]

(CNN) 米海軍の報道官は17日までに、同国メーン州の沖合で試験運航していた新型の誘導ミサイル駆逐艦「ズムウォルト」が漁船からの救難信号を探知し、小型ボートを急行させ、漁師1人を救出したと発表した。

敵レーダー網から回避出来る隠密行動の能力を持つ同艦は来年、正式配備される予定で、洋上で試験を繰り返していた。

救難信号を受け、同艦の乗組員と試験運航に立ち会っていた企業従業員が空気膨脹式のボートに乗り込んで漁船に近付き、漁師をズムウォルトに乗船させた。

胸の痛みを訴えていた漁師は診断を受けた後、米沿岸警備隊のヘリコプターで近くの陸上の病院に搬送されたという。

同艦は米海軍では最大規模の駆逐艦となるが、レーダー上では漁船程度の大きさとしか識別されないという。配備された場合、特殊作戦部隊の任務支援などに当たるとみられる。

メールマガジン

[PR]

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]