4歳児がヘロイン所持、保育所で園児に配る 米デラウェア州

キャンディーと間違えた女児がヘロインを園児に配る事件が起きた

キャンディーと間違えた女児がヘロインを園児に配る事件が起きた

(CNN) 米デラウェア州の保育園に通う4歳の女児が、バックパックに入っていたヘロインをキャンディーだと思って保育園児に配る事件があり、警察が母親を逮捕したことが9日までに分かった。

女児は6日、ヘロイン249袋を保育園に持って来ていた。警察によると、女児のバックパックがペットに汚されて使えなくなったため、母親が別のバックパックを持たせていたという。

CNN系列局のWBOCによれば、ヘロインの袋は複数の園児が持っているのを教員が見つけて回収した。副園長は「女児が配っているところを発見した。園児に1人も被害が出なかったのは幸運だった」と話している。

デラウェア州警察は母親のアシュリー・タル容疑者(30)を、薬物関連の容疑や子どもを危険にさらした容疑などで逮捕した。

タル容疑者にはほかに9歳の息子と11歳の娘がいて、3人とも親類に預けられた。タル容疑者は保釈金6000ドルを払って保釈されたが、子どもたちとの接触は禁じられている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]