米旅客機、空港間違えて着陸 短い滑走路で急制動

サウスウエスト機が目的地とは別の空港に着陸するハプニングがあった

サウスウエスト機が目的地とは別の空港に着陸するハプニングがあった

関係者によれば、管制官はブランソン空港への着陸許可を出していたが、パイロットから連絡を受けて初めて、同機が違う空港に着陸したことを知ったという。ブランソン空港にはレーダー設備がなく、クラーク空港には管制塔がなかった。

サウスウェスト航空によれば、同機の機長は勤続14年、副操縦士は12年のベテランだった。2人とも調査結果が出るまで勤務から外された。

機体は点検を済ませた後、13日にクラーク空港を飛び立ち、同日夕までに通常通りの運航を再開。同航空は乗客に運賃を払い戻し、次回以降の便に使える旅行券を提供した。

同機に乗っていた乗客のスコット・シーファーさんは、着陸の際に強い制動がかかるのを感じ、ゴムが焼けるにおいがしたと証言している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]