米旅客機、空港間違えて着陸 短い滑走路で急制動

サウスウエスト機が目的地とは別の空港に着陸するハプニングがあった

サウスウエスト機が目的地とは別の空港に着陸するハプニングがあった

パイロットは機内放送でまず「ブランソンへようこそ」と告げ、数分後に「すみません、間違った空港に着陸しました」と訂正したという。

乗客を降ろすためのタラップはブランソン空港から運んでこなければならず、乗客はそのまま2時間機内に缶詰めになったという。この間、パイロットは何度も乗客に謝ったとシーファーさんは話している。

サウスウエスト航空の広報は12日夜の時点で、同機が行き先を誤った理由についてはまだ十分な情報がないとコメントした。

米国では過去にも、昨年11月に米ボーイングの大型貨物機が誤って本来の目的地ではないカンザス州ウィチタの小さな空港に着陸するなど同様のハプニングが起きている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]